MENU

早産で生まれる可能性が大幅に低い

葉酸は健康的な生活を送る上で決して外してはならないものですが、特に胎児は細胞分裂が活発なので葉酸が足りないと心身の発達が阻害されることもあります。何らかの不調が現れないように母親は葉酸の吸収を忘れないよう告げられますが、とりわけ葉酸の役割が大きいのは妊娠初期の20週ごろまでですから、理想を言えば赤ちゃんが欲しいと思ったころから意識して葉酸を摂ることです。妊婦の場合は基礎代謝と量が平常時に比べて激しいので水を十分に飲んでおくことが必要です。きちんと水を飲むなら水分不足による体調不良を予防できますし、血液が粘っこくならないようにし、血行の流れが良好になります。そして全身の代謝レベルが高くなっていき体中の不要物の排泄もスムーズになるなど妊婦の体調面でしっかりと水分補給することは大切です。吐き気を止まらない場合は、体内水分が不足してしまうことがあります。水を摂取してください。いっぺんに飲めそうにないなら、ちびっとずつ飲むようにしてください。さわやかに飲めるレモン系の味の飲み物ならベターです。できちゃったら以前よりも小1時間ぐらい長く睡眠をとりましょう昼寝もよく活用しましょう。女性は月のものがあるので、お腹に赤ちゃんがいなくても、貧血が高い割合で存在します。妊娠によって、貧血と判断される割合は3〜4割にもなります。妊婦の場合は赤ちゃんが体内で自分の血液をつくろうとママの体内の鉄分を必要とします。そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。こうして起きる貧血が鉄欠乏性貧血と言われます。妊娠中期から後期にかけて増えていきます。魚の脂質であるDHA/EPAについては妊娠中だけでなく、妊活の時にも意識して摂っておきたい成分です。なぜなら、妊娠前からDHAをしっかり摂っていた妊婦さんはそうしていなかった妊婦さんと比べると、早産で生まれる可能性が大幅に低いのです。しかもDHAという成分は胎盤を経由して胎内の赤子にもいきますが、胎児の脳・神経の成長を援護するためにも不可欠の栄養といえるのです。身ごもったからといって普段の食事とは違うものを摂らなければいけないということではありません。インスタント食品や外で食事を済ませたりせずに食品添加物があまり使われていない体にいいもので作ったお手製の料理を楽しむようにしましょう。そうはいうものの調理する気力のないときはあると思います。その際は市販の調理した食品も上手く活用してキツすぎない食習慣にしたほうが続けやすいです。ただ、常日頃よりも一層ビタミン・ミネラルの多そうなものを十二分にしっかり補充するよう注意しましょう。つわりで食欲などわかないなら、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、スンナリ入る食べ物を無理せず入りそうな時に食べるようにしましょう。同居者もつわりのひどいマタママの近くでは、気になる匂いの食べ物は置かないなどの配慮を求められます。なぜだか分かりませんが、家庭でつくったものよりほかの人が作った料理が食べられることがあります。貧血によって母体の心臓には負担がかかりますから、動悸が起きたり、息切れを感じます。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。少し動くと疲れ、体もしんどかったり、元気のない顔色にもなってしまいます。もし貧血気味だとしても、イコール胎児の発育に問題が起こることはないです。でも、貧血を改善しないまま長く時間がたつと、お腹の赤ちゃんの成長にも支障が出ますし、それにママの健康も損なわれます。