MENU

プロゲステロンのせいで大腸の蠕動運動が弛緩する

妊娠するとよく便秘になります。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで大腸の蠕動運動が弛緩するのと、でかくなっていく子宮により腸が押しやられ、働きがゆるくなってしまうためにそうなりやすいそうです。妊娠からくるプレッシャーなどストレスが原因となることもあります。活動する時間が減少するのもスッキリできない理由かもしれません。オメガ3脂肪酸のDHAとEPAは妊活中や妊娠期間中にできるだけ摂っておきたい栄養素といえそうです。何故かというと、妊活中にDHAの摂取が十分だった方は、ほとんど摂取がなかった人に比べて、早産で生まれる可能性が大幅に低いのです。さらにDHAはママの胎盤から胎児にも入っていきますが、胎児の脳・神経の成長をバックアップする役割があるなくてはならない栄養素です。一生懸命になっているときは、つわりの苦しさもいくらかやわらぎます。勤め人なら、仕事に集中するなら症状を忘れることがあるかもしれません。さらにホビーを楽しんだり、仲間内でペチャクチャ会話すると、その時間はつらさも薄れるかもしれません。外出することは気持ちの切り替えに役立ちます。静かに過ごせるところでくつろいでいると気持ちも晴れます。貧血からママの心臓にダメージが起き、ドキドキ、ゼイゼイすることがあります。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。カラダが動かなくて、疲れが激しかったり、元気のない顔色にもなってしまいます。もし貧血気味だとしても、イコール胎児の発育に問題が起こることはないです。しかし、長期に貧血が改善されないままだと、お腹の赤ちゃんの成長にも支障が出ますし、それにママの健康も損なわれます。妊婦自身のためにも赤ちゃんのためにも不足のないように補っておくべきDHAですが、魚だけから補給しようとするなら水銀による健康への被害が気になります。水銀には毒性があり胎盤を通して胎児にダメージを与えてしまうことがあるため、厚生労働省からも注意が喚起されています。ですから比較的水銀含有量の低い海草とかサプリで水銀の検査もちゃんと行っているものを賢く使っていきましょう。便秘するとお腹のハリを感じたり、吐き気を感じたり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。そして悪阻と便秘のダブルパンチで、なお食べられなくなります。もっと言うと、便秘からの痔ということも珍しくないですから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。便秘対策としては、トイレを我慢しないことです。決めた時間になったらとりあえずトイレに行くようにルーティンをつくりましょう。赤ちゃんができるとカラダの代謝は普段の時より増加するため、水分を取ることを忘れてはなりません。きちんと水を飲むなら水分不足による体調不良を予防できますし、ドロドロ血液も防ぎ血行の流れが良好になります。またカラダの新陳代謝もアップしてカラダ本来のデトックス作用も進むなど妊娠期の体の調子を維持するのに十分に水分を摂ることが欠かせません。胎児の骨格組織の発達、筋肉組織と神経系統の発達に不可欠なのが、小魚にもたっぷりと含まれているカルシウムなのです。妊娠が発覚したら努めていつもよりか量を増やしたカルシウムを吸収することを忘れないで下さい。妊娠中にはこれまでの2倍近くのカルシウムが必要となるみたいです。しかし、つわりがひどくて食べられないのに無理して摂る必要はありません。