MENU

動く機会が減ることも便秘を招く要因に

妊娠中のママとベビーに不可欠なためきちんと摂りたいDHAとEPAではありますが、魚を食べ過ぎるなら有害な水銀の影響が怖いです。水銀には毒性があり胎盤を通して胎児に良くない作用をしてしまう可能性があるので、厚労省の指針でも注意が与えられています。そこで水銀はあまり多くは含まないと思われる海藻や水銀検査済みのサプリメントを利用するのが良いと思います。つわりで苦しい期間は、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、つるんと喉に通る食物を食べたくなったらそうしましょう。周りの人もつわりでキツイ人の近くでかなり匂うメニューはやめておくといった意識をもちましょう。さらに理解ができない現象ですが、自分の手で調理したものより市販のもののほうが食べられることがあります。貧血により母側の心臓は大変になり、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりします。時折、めまいがしたり、立ちくらみを感じるかもしれません。少し動くと疲れ、体もしんどかったり、顔色がすぐれないのを指摘されたりするでしょう。もし貧血気味だとしても、イコール胎児の発育に問題が起こることはないです。ですが、貧血のまま長期間過ごしていくと、お腹の赤ちゃんの発育も妨げられる恐れがあります。そして妊婦のほうの体もかなり状態が悪くなります。妊婦の多くは便秘気味になります。増加する黄体ホルモンの働きで腸の運動が弱まってしまうのと、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、本来の働きが難しくなるためだとされています。将来に対しての漠然とした心配などストレスが原因となることもあります。動く機会が減ることも便秘を招く要因になります。頭を良くすることで知られるDHA/EPAも妊娠の前や妊娠期に積極的に取り入れたい成分といえます。DHAを妊娠する以前からよく摂取していた人は、そうでもなかった方と比較すると、早産が極端に少なくなるとされているのです。しかもDHAという成分は胎盤を経由して胎内にいるベビーにも取り込まれていきますが、脳神経の発育を支えるための働きをする重要な成分です。胎児の骨格組織の発達、神経系や筋組織のバランスを整えるのに必須の栄養が、カルシウムというミネラルの一つの成分です。妊娠が発覚したら努めていつもよりか量を増やしたカルシウムを摂取しましょう。妊婦にそうでない時の1.6倍ものカルシウムが摂取の推奨量とされています。ただし、つわりによる吐き気などで食欲もないのに意地でも摂取するようにというものではありません。吐き気がおさまらないようなときは、脱水傾向に陥りやすくなります。水を気がけて飲むようにしてください。いっぺんに飲めそうにないなら、小まめに摂取してください。グレープフルーツのようなサッパリした味の飲み物ならベターです。身ごもった際は平常より小1時間ぐらい長く睡眠をとりましょう昼間にいくらか寝ておくのもおすすめです。女性の場合は月経があるので、妊娠とは無関係にかなりの数の人が貧血です。妊婦に限ると、貧血との診断が下りる人の割合は30〜40%にもなります。妊娠期は胎児が自身のための血をつくろうとして母体から鉄分を得ようとします。そうなると母体のほうは必然的に鉄分不足になります。こうして起きる貧血が鉄欠乏性貧血と言われます。妊娠中期から後期にかけて増えていきます。