MENU

お通じの悪さから痔になるケースも多い

妊婦の場合は基礎代謝と量が普段の時より増加するため、水分補給をよく行わなくてはなりません。適当な水分補給により脱水による危険を避けられますし、血液がドロドロになってしまうのも予防し、血行を良くするのに貢献します。そして全身の代謝レベルが高くなっていき全身の老廃物が体外に出ていく作用も促進されることなど妊娠中に健康を保つにもちゃんと水を摂取しておくことが肝要です。血液サラサラでお馴染みのDHA・EPAは妊活をしているときからも妊娠してからも多めに摂取しておく必要のある栄養素です。というのも、妊活の時からDHAを摂取していた人は、そうでなかった妊婦と比べて、早産率がグッと低下するといわれているのです。さらにはDHAは母親が経口摂取した後に胎内にいるベビーにも取り込まれていきますが、赤ちゃんの大脳や神経系の形成を支えるための働きをする重要な成分です。便秘によってガス腹になったり、ムカついたり、放屁をしてしまったりします。中でもつわりと便秘が重なると食欲も一層出ません。加えて、お通じの悪さから痔になるケースも多いですから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。便秘を防ぐには、便意があるのにトイレを我慢しないことです。出る出ないに関係なく一定時間にトイレに座るような日課を守るといいでしょう。葉酸は胎児が胎内で細胞が増えていくのに無くてはならないものです。これが欠けてしまう細胞分裂の過程も異常をきたし、先天的な障害や状況によって命を失うことも考えられますから、しっかりと葉酸を含むものを摂取しておく必要があるのです。葉酸を摂る方法としては、食事やサプリメントの活用があります。比較して簡単に摂取ができ、続けるのが容易という面ではサプリに軍配が上がります。妊娠によって便秘が起きやすくなります。たくさん増えていくプロゲステロンの影響で大腸の蠕動運動が弛緩するのと、巨大化していく支給が腸に圧力となり、動きにくくなっていくために起きるようです。将来に対しての漠然とした心配など精神面の状態も関係しています。前より活動の時間が少なくなることもスッキリできない理由かもしれません。女性の場合は月経があるので、妊婦でなくとも、貧血気味の人はかなりの数に上ります。妊娠するとなると、3,4割は貧血の正式な診断がされるようです。妊娠期は胎児が自身のための血をつくろうとしてママの体から鉄分を盛んに摂取します。それで母親の鉄分は結果として奪われていきます。これによる症状が鉄欠乏性貧血です。妊娠中期から後期にかけて増えていきます。一生懸命になっているときは、つわりが軽減されるかもしれません。働いているなら、働くことで気がまぎれる場合があります。あるいは好きなことに考えたり、仲間内でペチャクチャ会話すると、その瞬間は割と楽に過ごせるかもしれません。外出することは気持ちの切り替えに役立ちます。人混みが少ない場所で平穏に過ごすと落ち着きます。つわりは起きたばかりの空腹により気分が最悪になることもあります。枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、起きてしまう前にチョット食べるなら吐きそうになるのも楽になります。昼間もグーグーお腹が鳴らないよう頃合いをみて間食するのがおすすめです。そしてコッテリ系や匂いのキツイものは気持ち悪くなってもサッパリ系やスッパ系は結構いけることが多いです。